RSS
 

飼育環境

ニワトリたちの過ごしている環境を写真でお届けする予定です。


ニワトリノニワは、高知県四万十市にあります

ニワトリノニワがある四万十市は、高知県の西部にある、四万十川流域の町です。山・海・川がすぐそばにあり、自然の多い環境でありながら、生活に必要なものはすぐ揃う「適度な田舎」ということで、県外から移住して来られる方も多い町です。

広々とした敷地で放し飼い

そんな四万十市の南部、土佐湾にほど近い竹島というところの丘の上にニワトリノニワはあります。周囲には民家がなく、田畑がひろがっています。
ニワトリたちはこの丘の上の広い敷地内で一日中放し飼いにされています。
走り回ったり、座ったり、木に登ってみたり、エサを食べたり、生えてきた草をついばんだり、水を飲んだり……そして卵を産んだりと、毎日好きなように暮らしています。





エサは毎朝、自家配合

ニワトリたちの食べるエサは、季節や気温、ニワトリの様子や体調、卵など、様々な要素を考慮して、毎朝自家配合しています。主な材料は地元のお米とカツオ。その他のエサはこちらをご参照ください。
その他、ニワトリノニワ菜園でとれた新鮮なお野菜をおやつに食べたりしています。四万十産の雑草も大好きです……!